デザインPCはMacの方がいいのか

ホームページ作ったり、イラストのデザインしたり、写真編集したりと、デザイン業界ってのは音楽業界もそうみたいですけど、Macユーザーが多いですね。

今のご時世、Windows主流の中、ひたすらMacを使う。
なぜでしょう。

個人的には2つあると思ってます。
ひとつは単純にオシャレだから。

デザインやってるんだから、オシャレにいこうよ的な。
PCの素材、デザイン、色合い。
メーカーであるアップルのサイト、店頭、CMイメージ。
どれをとってもオシャレです。
多分ほとんどの人は、こいつが理由で使ってるんじゃないでしょうか。

もう一つは速さ。
Winに比べたらMacの動きは速いですよね。
もちろん、Winでも速いのはたくさんあります。
けど、遅いのも多い。

Macのすごいのは遅いのを見かけないってこと。
ほとんどのMacは速いですよね。
俺だけがそう思ってるのかなあ。
世には遅くてたまらん、このMacPCサバ折りしてまうぞーってくらい遅いの使ってる人もいるのでしょうか。
少なくとも私は見たことはありませんなあ。

で、デザインや音楽業界にいると皆んながそれを使ってるから、俺も使うぞ的な。
こんな方もいらっしゃるでしょう。
(内心は、Winの方が安いしなあ。どっちでもいいんだけどなあって思ってる人もいる…)

ちなみに、ウチのパソコンはMacをベースに
仮想ソフトをかましてWinも起動できる設定で使ってます。

便利なんですよねえ。

Mac使ってて、ワードやエクセル、パワポのデータがきた時なんかは、そのままWin立ち上げて処理するっていう。

あるいは、サーバにSSHでrootで入っていろいろやりたい時なんか、Macだといいソフトがないので、Winのtera term使いたいなあなんて思う時ってありますよね。
そんな時Win起動して、そのまま処理しちゃいます。

Linuxのubuntuなんかも使うんですが、こちらは人工知能で遊びたい時。
chainerとか入れて流行りのディープラーニングなんかを動かすにはLinuxは必須ですからねえ。

MacはLinuxをベースにして開発されたようなので、お互い共通点も多いですよね。

こんな感じで、デザインがオシャレ。プラスしてPCスピード。で、徐々にMacユーザになっていくんじゃないでしょうか。

最後にどうでもいい話ですが、英語と日本語を切り替える時のMacのボタン位置、最高っす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です